草山万兎「ドエクル探検隊」

何かのきっかけで河合隼雄氏について調べることがあり、そのご兄弟が全員すごいことを知り、その内のお一人、つい最近亡くなった雅雄氏がすごいことは知っていたものの、改めてWikipediaで調べたら更にすごいことを知った。
なんと、94歳にして長編の児童文学を書いたというのだ!

ということで、さっそく読んでみた。

確かにすごい分厚い!!!

そして話はというと…ちょっととっかかりは「うーん…」という感じだったけれども、読み始めると結構面白かった。
ドリトル先生みたいに動物と喋れる、というのが前提で、色んな動物たちと一緒に冒険する物語なのだが、その動物たちの描写がさすが学者先生。全然妥協がない。
これ読んでるだけで、動物の知識が得られるって感じ。

が…ちょっと何歳を対象にしているんだろう…という疑問も出てきた。
全体的にちょっと単語が難しいな、という感じだったけれども、中盤に差し掛かり、この文章を読んだ時には、え~~~となった。

ひとりひとりが個性を発揮して、よくやってくれた。その能力を一束に凝集して強力なエネルギーを産みだすこと、つまり足し算ではなくて掛け算の力にすることだ。いや、無限の力を創出するには、累乗でいくことか。つまり、それぞれの力をa、b、cであらわせば、aのb乗、すなわちab、その数をZとすれば、Zのc乗、Zcという計算をしていくことだ。

p384

一応大人だけれども、完全なる文系の自分はさっぱり分からなかったです。。。

あとは設定の盛り込み具合がすごくて、すぐ本題を見失ってしまう気も…
登場人物(動物)たちの過去話も豊富で、それでいてキャラクター設定の深堀があまり成されていないから、ちょっと取ってつけたような感じもしてしまう。

とはいえ、これらの感想は「児童書」という観点から言えば、ということなので、河合雅雄氏が94歳で書かれた本と考えると、”すごい”の一言に尽きる。
長編を書かれた胆力と、割と細かいところまでこだわった神経(3人のところを、動物も含めるので”3にん”と平仮名にしてたり)と、伝えたいことが世界観として表れているという表現力と。本当に”すごい”。

以下、簡単なあらすじ


時は1935(昭和10)年。竜二とさゆりは小学校を卒業し、竜二は親戚のもとへ奉公に、さゆりは女工として働きに出ることになっていた。
ある日、それぞれ別の道に行く前に、二人で釣りをしていると、二人が仲良くしている”風おじさん”から招待状が届く。卒業のお祝いをしてくれるというのだ。

八咫烏のタケツノや、聖徳太子の愛馬の子孫という黒駒に連れられてやってきた風おじさんの家。
そこは、同じく聖徳太子の愛犬の子孫という雪丸をはじめとした、様々な動物たちが住む家だった。
風おじさんは動物語が喋れるだけではなく、そこに住む動物たちも人間の言葉が喋れる動物ばかり。

楽しいひとときを過ごした二人は、かねてから勉強の道に進みたいというのもあったので、風おじさんに弟子にしてくれるよう頼みこむ。
おじさんの方も二人の聡明さにもったいないと思っていたので受け入れ、そこから竜二とさゆりは動物語の勉強などを始めるのだった。

1年経って1周年記念のお祝いをしている時、風おじさんがアンデス山脈から届いた便りについて語る。
なんでも昔漂浪している際に助けた、ズグロキンメフクロウのズグロからの手紙だというのだ。
ズグロは存在の知られていないナスカ帝国で重要な任務を負っている鳥。
ある時、ママコーナという役割の女性と黒いジャガーの陰謀を知ってしまう。ふたりを殺害しようとしたが傷を負わせただけで逃げられてしまい、ふたりを追っているうちにふらふらになって、子供たちに捕らえられたところを風おじさんが助けたのだった。

そのズグロからびっくりすることを聞かされる。なんと更新世時代に生息していたドエディクルスがナスカ王国にいると言うのだ。
ドエディクルスを含めて、当時、北米と中南米に巨大な哺乳類が生息していた。しかし何らかの理由で絶滅してしまう。いまだに絶滅理由が分からないので、風おじさんはどのドエディクルスに聞けば分かるのでないかと思い、是非、会わせてほしいと、ズグロと別れた後もお願いしていたのだ。

そのズグロから手紙が来て、しかも危険もにおわせた内容だったので、さっそく皆で探検隊を組んでアンデス山脈へと旅立つ。

マッコウクジラにひいてもらって海を渡り、南米にやってくる。
ズグロの行方を追い、ラマなどに乗って旅する一行。森までやってくる。

黒い森という一角があり、そこは妖術師がいるとのこと。どうやらそこにママコーナがいるようだった。
そんなおり、さゆりがアナコンダによって誘拐されてしまう。

さゆりを誘拐したのはやはりママコーナで、そこにズグロがいた。
ママコーナたちはナスカ王国を乗っ取ろうとしているのだが、ズグロしか知らない情報が必要で、さゆりを拷問することでズグロの口を割らせようとしたのだ。
しかし、強靭な精神でさゆりは拷問を耐え、ズグロも口を割らない。

そうこうしている内に、森の賢者に知恵をもらった風おじさん率いる一行がやってくる。
対アナコンダとしてスカンクを連れてきて、最終的には仲間のイタチ・ゴッペの最後っ屁によってアナコンダは敗れる。
ママコーナの妖術対決では、雪丸が勝ち、ママコーナの捕獲に成功する。

ママコーナとさゆり・ズグロの交換だということで、滝に向かうが、さゆり・ズグロは滝に落とされ、それを追ってママコーナと黒ジャガーも滝に落ちる。
が、それを見越した仲間のカワウソ・ホラジが、現地のオオカワウソと話をつけており、さゆりとズグロは助かる。反対にママコーナと黒ジャガーを川に沈めることに成功するのだ。

こうして、ナスカ王国の敵であったママコーナたちをやっつけた一行。
秘密の王国であるナスカに、受け入れてもらえることになる。
そこは本当に秘密の場所で、ズグロの案内で一行はナスカ王国に入れたのだった。

争いのない平和な王国であるナスカ。
インカ帝国のようになっては困るということで、王からは、あまりナスカ王国について話せない、と言われる。しかし、ドエディクルスのラウラをは思う存分に話して良いということだった。

やっと対面した一行。
ラウラは大分高齢だったが、巨大哺乳類が絶滅してしまった理由を聞くと、話をしてくれることになる。

いわく、大干ばつが起き、動物たちはどんどん死んでいった。
特に草食動物は食べるものがないのでやせ衰えていく。
ドエディクルスも草食なので、ラウラも危機に瀕しているはずなのだが、その前に穴に落とされたことがあり、死にそうなところをシロアリを食べてみて生き延びた、という経験があったので、シロアリを食べて元気になっている。
因みにシロアリは、枯れた草を食べるらしく、大干ばつの際にもたくさんいたのだ。

他の草食動物は、ある偶然をきっかけに、次々と肉食動物化してしまう。お互いに食べ合い、どんどん動物の姿が消えていく。
それはそれは凄惨な状態で、ラウラはその光景を見たくないと地中にもぐりこみ、冬眠をして今にいたったということなのだ。

すべての物語を聞き終えた一行は、日本に帰ることになる。
最後に風おじさんの勧めで、コンドルが引き上げてくれる籠に乗って、ナスカの地上絵を見る二人。

と、突然、最初の原っぱにいることに気付く。
あれは夢だったのか!?と思ったら、確かに雪丸からもらった勾玉がある。
そして風おじさんからの手紙も。二人に、それぞれの道を歩んでから、また風おじさんの仲間に加わっては?と書いてあった。
二人は晴れ晴れとした気持ちで、それぞれの家に帰っていくのであった。



って、ええええーーーーなんで!?なんで突然、現実の世界に戻ってしまうの!?(この冒険も現実だったようだけれども…)。なんかちょっと腑に落ちなかった…
夢落ちに近い感じだな。。。

ちなみに、ラウラの話は大分はしょったけれども、実際はめちゃくちゃ長い。
それはそれで面白かったけれどもね。
大干ばつの話は、割とリアリティがあって辛いものがあった。動物が肉食動物化する、というのも妙な説得力もあったし。

ということで、ところどころ突っ込みどころがあったけれども、動物の生態とかがすごいリアリティがあるので、物語の印象はしっかりしたものだった。

他に動物記も書かれていたということだったので、読んでみたいなと思った。


草山万兎「ドエクル探検隊」 2018年 福音館書店

コメント

タイトルとURLをコピーしました