『キトラ・ボックス』池澤夏樹

池澤夏樹の本が読みたくて、特に前知識もなく読んだ『キトラ・ボックス』。
読み始めてしばらくしてから、「あれ…これ、もしかして何かの続き物…?」と思って調べたら、是の前に『アトミック・ボックス』なるものを知り。
でも『キトラ・ボックス』の書評の方には、”前作を読まなくても大丈夫だった”とあったので、そのまま読み進めることに。

結果的には『アトミック・ボックス』は読まなくても大丈夫だったのだけれども…
なんというか、あんまり面白くなかったなー--…と
最初の方はいきなりハードボイルド的で、「池澤夏樹はこんなのも書くんだ!」(というほど読んでないけど)と驚きつつ楽しんだけれども、途中からは話が飛び過ぎて失速するし、最後も尻つぼみだし、割と残念な感じだった。申し訳ないけれども、違う作家が書いた方が面白かったんじゃないかな、とすら思ってしまった。

以下、ネタバレありのあらすじ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました